『腰方形筋』

今日は『腰方形(ようほうけい)筋』についてお話したいと思いますわーい(嬉しい顔)

下の絵は腰方形筋の右側の部分です。

腰方形筋.jpg

腰方形筋は骨盤から腰の骨と一番下の肋骨に繋がる筋肉です。では、腰方形筋にはどんな働きがあるのかご紹介しますひらめき

〇体を動かす時

・体を横に倒す(曲げる)時に働きます。

・上体を後ろに反らす時に働きます。

〇骨盤を安定させる時

・片方の足を挙げた時に骨盤が下がらないように引き上げる時に働きます。

 

〇具体的に日常生活で腰方形筋が使われる主な動作を挙げてみたいと思います。

・足を組んでいる時

・歩く時

・階段を上がる時

腰方形筋は骨盤や腰の骨を正常な位置で保持するために大切な筋肉です。

女性の方で骨盤の高さが左右で違うという方は、この筋肉が硬くなっている可能性があります。逆に腰方形筋の筋力が片側だけ弱い場合は、背骨が反対側にカーブを起こします。