補足します

今日、患者さんから日記に関する質問を頂いたので 『炎症〜そのD補足説

』をしたいと思います。


1.熱っぽさを見るには「手の甲」 の方が良いんですか?(5月8日・上から

4行目)

手の平は体温調整を行う場所で熱を放出するトコなので、皮膚の表面温度

高く熱っぽさが感じとりにくい場合があります。一方、手の甲は皮膚の表

面温度が比較的低いため、熱っぽさを感じとりやすくなります。供の熱を

見る時も、手の甲をおでこに当てる方がわかりやすいと思います
 

2.痛いトコを冷やす時、どう動かせばよいのですか?(5月11日・上から

10行目)

皮膚を撫でるようにゆっくり上下に動かしてください。

3.楽な姿勢ってどういう体勢ですか?(5月8日・7行目)

痛めた時の状況にもよりますが・・・

腰の場合は『立ち上がろうとして』・『物を持ち上げた時』など、体を起こそう

として痛めることが多いと思います。

その場合、横向きに寝て腰や膝を曲げた状態が腰に負担の掛けない体勢

になります。横向きに寝ることがツライ場合は上向きで膝を立てて見てくだ

さい。また、体勢を変える時は腕を使って体の向きを変えるようにしてくださ

い。首や背中の場合は首を起こそうとしたり、首を捻ったりする時に 痛める

こと多くあります。 その場合は、背中を丸めて頭を下るようにしてくださ

い。首を左右どちらかに少し向けた方がより楽になる場合もあります。また、

立ち上がる時や体勢を変える時には腹筋運動の時のように自分の手で頭の

後ろを支えるようにしてください。

痛めた時の動き方によって楽な姿勢は変わります。上記の方法でも痛みが

るなら、寝る向きを変える、首や腰、膝の向きや曲げる角度を調節して、

マシな体勢を探ってください。

氷やアイスノンが使えない・・・

今日は『炎症〜そのC冷やすU』についてお話したいと思います。

「ギックリ腰」などによる炎症は家の中だけでなく、仕事中や外出時に起こる

可能性も当然ありますふらふらた、どうしても外出しなければならない・・・氷やア

イスノンで冷やす事が出来る状況なら良いんですが、なかなか難しいですね。

んな時は冷えピタか冷シップを使います(コンビニや薬局で買えます。)

冷えピタか冷シップで冷やす場合・・・

痛い部分だけでなく、その周りにもハリましょう。

冷シップなら4時間前後、冷えピタなら8時間前後でハリ替えます。一度シッ

や冷えピタを剥がしたら、濡れタオル等で患部を拭いて10分程してから再

張るようにしてください(皮膚がかぶれやすい人におススメですぴかぴか(新しい)

この処置を2〜3日間もしくは、熱っぽさや強い痛みが治まるまで繰り返し行

います。

最も効果があるのは氷やアイスノンです。

なので、ご自宅へ帰られたなら、氷やアイスノンで冷やすようにしてください。

起きている時は、氷やアイスノンを使い、就寝中は冷シップや冷えピタと使い

分けるのも良いでしょうひらめき

お早めに!

今日は炎症〜そのB冷やすTについてお話したいと思いますわーい(嬉しい顔)

先日もお話ししましたが、炎症が起きると3日間(72時間)は強い痛みやハ

レが続きます。特に1日目より2日目の方が痛みが強くなる傾向にあり、そ

の後徐々に痛みやハレが治まっていきます

ですから、体を動かす時に違和感、強い痛み、患部の熱っぽさ、ハレを感じ

ら、なるべく早く冷やしましょう。 

早く冷やすことによって、ハレや痛みを軽くする効果があります( ..)φメモメモ


冷やすモノとしては、氷・アイスノン・保冷剤・冷シップ・冷えピタ・・・などがあ

と思います。アイスノン  や保冷剤、冷シップ、冷えピタを日頃から準備して

おくとイザと言う時、役に立つでしょう(コールドスプレーは瞬間的に皮膚の表

面をやすだけなのでおススメ出来ないです)

氷・アイスノン・保冷材があるなら・・・

氷やアイスノンをタオルで包み、痛みのある所やそのまわり全体を冷やすよ

にゆっくり動かします

時間的には15分〜20分、もしくは痛みのある所の感覚がなくなるまで冷や

ましょう。次に1時間ほど時間をおいて、再び痛みのある所とその周りを15

〜20分冷やします。この処置を1〜2日間もしくは、強い痛みが治まるまで、

寝ている時以外は繰り返し行います。ずっと氷を当てておくのはダメす。

凍傷になるこの可能性があるので注意してください。

冷凍庫にある氷を、水と一緒にビニール袋の中に入れて使うと皮膚の表面

うまくフィットします。

だし、ビニール袋が破れる事もあるので、2枚以上使ってくださいねわーい(嬉しい顔)

安静に!

昨日、炎症が起きた場合は「安静&冷やす」ことをお話ししましたが、今日は「炎症〜そのA安静」に

ついてお話したいと思います。

炎症が起こったら基本的には3日(72時間)患部の痛み、熱を持つ、ハレる、皮膚が赤くなる、動く

のがつらい、などの状態が続く(痛めた状態や対処の仕方によっては、それ以上続く場合もあります)

と言われます。これらの症状は痛めた箇所を治そうと頑張っている体の働で、痛みとは『これ以上体

を動かいてはいけない』という体からの警告信号です。ですから、最低でも3日間もしくは強い痛みが

治まるまでは無理をしない、痛みのある動作はなるべく行わない、体を休める事をおススメします。結

果、炎症や痛みが早期に回復していきます。 また、安静にする事と並行して患部を冷やすことが大切

です。

次回は患部を冷やす方法についてお話したいと思います。

体が痛い、動けない

今日は「ぎっくり腰」や「寝違い」から起こる『炎症〜その@対処』についてお

話したいと思います。


お正月やGW、旅行前など何か大事な用のある直前に体を痛めるってない

すか(このGW前も数人ぎっくり腰で来られました)

普段の何気ない動きが痛くて出来ない、なんか痛みを感じる・・・痛みのある

部分に手の甲を当てたり、肌の色をみてください。他の場所と比べて熱っぽ

い、肌が赤くなってるなら『炎症』を起こしている可能性があります

そんな時は

・横向きに寝るなど楽な体勢で安静にしてください。

・ハレや痛みを抑えるためにアイスノン、保冷剤、冷シップなどで痛い所を冷や

す(普段から冷凍庫に入れておくと便利です。)

・お風呂に入るなど痛い部分を温めることは厳禁です。入浴直後は楽に感じ

すが、ハレや痛みがひどくなり、炎症が長引いてしまいます。

とにかく、「安静&冷やす」ことを覚えておいてくださいね φ(..)メモメモ