『歪みチェックU』

今日は家で出来る『歪みチェックU〜背骨』をお教えしたいと思いますわーい(嬉しい顔)

このチェックは2人以上で行うようにしてください。

チェックを受ける人(A)は姿勢を正して、真っ直ぐに立つようにしてください。

チェックを行う人(B)はAの人の後ろに立ちます。

・(B)の人は真後ろから(A)の人の左右の肩の高さを見比べます。


(A)の人の肩の高さが違ってたり、首がどちらかに傾いてい
と背骨に歪み

が存在する可能性があります。

・(B)の人は(A)の人が左右に顔を向けた時の向き具合を確認します。

(A)の人は顔を右に向け、次に左に向けてください。

(A)の人が顔を片方に向けた時は目尻まで見えたけど、反対側に向けた時

目尻が見えなかったとなれば、目尻が見えなかった方向に顔が向け

ないことになります。また、左右に顔を向けた時に『首に痛みがある』、『

背中にツパリがある』ということはないでしょうか?

顔が向けてなかったり、首や背中に違和感があれば背骨に歪みが存在す

可能性があります。

 

 


 

『歪みチェックT』

今日は家で出来る『歪みチェックT〜骨盤』をお教えしたいと思いますわーい(嬉しい顔)

一人でも出来ますが、誰かに見てもらっている方が良いでしょう

チェック1

一人は上向きに寝ます。

もう一人は寝ている人の真横で足の挙がり具合を見て頂きます。足の上

り具合が見やすい位置にいてください。

寝ている人は寝たままの状態で、

右足(右膝を伸ばした状態)を出来るだけ上に挙げてください。

次に、左足(左膝を伸ばした状態)を出来るだけ上に挙げてください。

左右の足を挙げてみて、『どちらかの足が挙げにくい』もしくは『挙げた時

の高さが左右で違うということはないでしょうか?


チェック2

一人は真っ直ぐに立って頂きます。

もう一人は立っている人の真後ろに立ちます。

前の人は、右足を挙げて片足立ちになります。

次に、左足を挙げて片足立ちになります。

片足立ちになった時に『体(上半身)がフラフラする』もしくは『うまくバラン

スを保てない』ということはないでしょうか?

この2つのチェックで一つでも当てはまった人は骨盤の歪みが考えられ

ます 。

これがホントの手当です

体に疲れが溜まってしんどい時にマッサージをしてくれる人が近くにいるとあ

りがたいですね わーい(嬉しい顔)

肩が凝ってツラくなると家の人に肩をほぐしてもらうという方は結構おられる

んですが・・・ 肩こりが悪化してしまう場合がありますあせあせ(飛び散る汗)

押さえ始めて5分も経たないうちに指がダルくなる事ってないですか?

それは筋肉をほぐす時に指手(パー)で力任せにグイグイ押さえているからです。

そうすると、「受けている側は外からの刺激に対して自分の体を守ろう」とす

ために筋肉が自然と硬くなったり、痛みを感じながら受けていると筋肉が

より硬くなる場合があります。

筋肉が硬くなると血行が悪くなり、疲れの元となる老廃物が溜まり、肩こりが

悪化してしまいます 。

そんな時は・・・親指ではなく手の平手(パー)を使います

凝っている場所に手の平を軽く当て、動かしやすい方向で構わないので筋肉

を擦るようにリズミカルに動かしてください

時間的には時計10分〜15分程度で良いと思います。

軽く押さえるので物足りなく思えるかもしれないですが、試してみる価値あり

です 。

ただ、この方法で全く歯が立たない頑固なコリの場合は専門の人に任せま

しょう わーい(嬉しい顔)

目が疲れました

最近、パソコンに向ってる時間が多くなってきたからなのか、目の疲れを感じるようになってきました あせあせ(飛び散る汗)

人の体をほぐすのは得意なんですけど、自分の体はなかなか難しいですねバッド(下向き矢印)

そんな時に『いい方法』があるんでお教えしますわーい(嬉しい顔)


「人差し指」「中指」「薬指」の中から2本または3本の指(指紋のある部分)をご用意ください。(コンタクトをされている方はコンタクトを取るようにしてくださいね。)

軽く目を閉じます。

左の指は左目、右の指は右目でまぶたの上に軽く触れます。

顔を洗う時、お化粧を落とす時の力加減より軽く押さえるようにして下さい

3本の指で軽く擦るようにゆっくり左右に動かします。1,2分程度

 あまり強く抑えると一時的に心臓の動きが弱まるんでご注意を exclamation

次は目の周りの筋肉をほぐしていきます

3本の指を眉毛の上に軽く触れます。(顔を洗う時、お化粧を落とす時の力加減で押さえてください。)

3本の指で軽く擦るようにリズミカルに左右に動かしてください1,2分程度

3本の指をこめかみの上に軽く触れます。(顔を洗う時、お化粧を落とす時の力加減で押さえてください。)

3本の指で軽く擦るようにリズミカルに左右に動かしてください1,2分程度

あと、目の周辺や目尻から耳にかけて、気持ち良いと感じる部分があれば、集中的にほぐしてください。

『おでこ』も意外とアリです ひらめき

に浸っている時にボーッとしながら目の周りをほぐすと効果的ですよ ぴかぴか(新しい)

目の周りの疲れを軽くして、仕事に励んでください わーい(嬉しい顔)

寝る時の体勢

今日は患者さんから質問を頂きました。

『質問1.寝るときの体勢は上向きが良いのですか?』

この質問はよく受けるのですが、いつも『上向きで寝ることが理想ですが、寝

やすい(落ち着く)体勢で寝てください』と答えております。

なぜなら、人間は一晩の睡眠で約60回寝返りを打つといわれます。

8時間睡眠なら・・・1時間に7.5回、8分に1回寝返りを打つ計算になります。

寝返りは同じ体勢で寝ていると身体がつらくなるために、無意識のうちに体

を変えて身体が固まるのを防いでいるわけです。

人によって寝やすい姿勢ってありますよね。寝る向きを変えただけでもなか

なか寝付けないのではないでしょうか?

本来は上向きで寝ることが理想ですが、「落ち着かない」「なかなか寝付け

ない」というのであれば、無理をして上向きで寝る必要はないと思います。

ガンバって上向きで寝てたとしても約10分もすれば無意識に体勢を変えて

いるわけですから。むしろ、寝付けないことによるストレスや寝不足の方が

体に悪影響を与えかねませんたらーっ(汗)

より落ち着く向きで寝るのが一番だと考えます ムード

寝るときの体勢については色々考え方があると思います。これはあくまでも

私個人の意見です。