『腰痛C』

今日は『腰痛C〜原因 V〜』についてお話ししたいと思いますぴかぴか(新しい)

 

 前回、「病気やケガが原因でない腰痛」の原因の一つとして『筋肉の疲労』の話をさせて頂きま

 した。

 今回は「病気やケガが原因でない腰痛」のもう一つの原因である『背骨や骨盤の歪み』につい

 てお話ししますexclamation×2

 

『背骨や骨盤の歪み』とは複数の骨が合わさって形成する関節部分で、本来あるべき位置から

ズレた状態で動きの制限が起こり、その関節周辺に負荷が掛かります。

『背骨や骨盤の歪み』がどのように腰に影響を与えるのか挙げてみたいと思います。

 

・ 背骨(腰周辺)のズレ・・・・・・背骨が本来あるべき位置からズレる事で、神経や血液の流れが

                  悪くなり、腰痛が起こりやすくなります。

・ 骨盤のズレ・・・・・・・・・・・・・・体の土台である骨盤が歪むと、身体全体のバランスが崩れます。

                  バランスが崩れる事に加え骨盤が不安定になる事で、体の一部分

                  に過剰な負荷が掛かり、筋肉の疲労を引き起こしやすくなります。

・ 仙腸関節のズレ・・・・・・・・・・仙腸関節は骨盤を形成する関節の一部ですが、その関節にズレ

                  が起こるだけで腰痛や仙腸関節周辺の痛みの原因になります。

・ 股関節のズレ・・・・・・・・・・・・股関節に問題が生じると股関節の動きに制限が起こり、腰部や殿

                   部などに悪影響を及ぼします。

 

『背骨や骨盤の歪み』から起こる腰痛は骨のズレや動きの制限を取り除くことによって改善されま

す。日常生活の中には関節がズレる要因がいっぱいサーチ(調べる)潜んでいます。なかなか改善しない腰痛は

『背骨や骨盤の歪み』を疑ってみては如何でしょうかexclamation×2

『腰痛B』

今日は『腰痛B〜原因U』についてお話ししたいと思いますぴかぴか(新しい)

前回「病気やケガが原因の腰痛」についてお話ししました。今回は「病気やケガが原因でない腰痛」についてお話します。

「病気やケガが原因でない腰痛」の原因の一つが『筋肉の疲労』です。

『筋肉の疲労』は日常生活での姿勢の悪さや重い物を持つ事が多いなど、同じ姿勢や動作を続けることで腰周辺に疲労が蓄積し、ハリや重だるいといった症状が現れます。たまに起こる軽度な腰痛、動いた時に起こる腰痛、夕方から夜にかけて起こる腰痛、起床後しばらく起こる腰痛、常に起こる腰痛など腰痛の現れ方はいろんなパターンがあります。

筋肉の疲労から腰痛が起きやすい日常生活での姿勢や動作を挙げてみたいと思いますexclamation
 
 ・デスクワーク
 ・立ち仕事
 ・足を組む、 
 ・前屈みの姿勢が多い、
 ・仕事で重い荷物を持つ、
 ・踵が高いヒールを履く
 ・車や電車での長時間の移動
 ・寝ころんでテレビや携帯
 ・過度の運動によるオーバーワーク
 
普段にない動作を行ったために起こる腰痛は数日で治まりますが、同じ動作や姿勢を長期間続けることで起こる腰痛は何らかの対応を必要とします。違和感の起こる動作や姿勢を控えてみましょう。また、仕事上どうしても動作や姿勢を控える事が出来ないのであれば問題となる姿勢や動作を行っても筋肉の疲労が起こりにくい身体づくりをしていかなければなりません。
軽い運動やストレッチ、十分な休息をとるといった事がセルフケアを行うか、定期的に身体の疲労を取り除く施術を受ける事をお勧めします。

12月の営業

           
10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

 

日曜日、祝日、12月11日(火)がお休みとなります。

 

腰痛A

今日は『腰痛A〜原因T』についてお話したいと思いますぴかぴか(新しい)

 

腰痛の原因は

「病気やケガが原因の腰痛」「病気やケガが原因でない腰痛」に分けられます。

今回は「病気やケガが原因の腰痛」についていくつか紹介しますexclamation


「病気やケガが原因の腰痛」は『背骨や関節』、『内臓』、『心』の問題が影響し、その症状の一つとして

腰に症状が現れます。

 

〇背骨や関節の問題
 腰椎椎間板ヘルニア、腰椎分離症、腰椎すべり症・・・

〇内臓の問題
 腎結石、尿管結石、胆石症、膵炎、子宮内膜炎・・・

〇心的問題
 自律神経失調症、不定愁訴症候群、ストレス・・・

 

「背骨や関節が原因」から起こる腰痛の場合は身体を動かすことが困難であったり、身体を動かした時に強い痛みやシビレ等が現れます。

また「内臓の病気が原因」から起こる腰痛の場合は、動作に関係なく痛みが現れたり、身体の内部(奥の方)で痛みを感じることもあるようです。

身体を動かさなくても痛みが起こる場合は、まず内科病院等で診て貰ってください。

『腰痛@』

今日は『腰痛@〜腰痛とは』についてお話したいと思いますぴかぴか(新しい)


『腰痛』とは腰周辺の「痛み」「だるさ」「ハリ」「コリ感」「重たさ」「ツッパリ」などをまとめて表現した言葉です。

 

日常生活を送る中で腰に「重い」「ダルい」などの不快感を感じる慢性腰痛や何らかの動作で急に腰周辺に「鋭い痛み」が現れる急性腰痛など筋肉や靭帯、関節が原因で起こる腰痛や内臓が原因で起こる腰痛もあります。

 

また、腰痛が現れている部分の筋肉はコリやハリがあり、その部分を押してみると「気持良い」や「痛み」といった感覚があります。