『日常A』

今日は『日常Aリラックス』をお話ししたいと思いますわーい(嬉しい顔)

普段の生活でつい“肩や腕に力パンチが入ってしまう”という方は多くおられる

と思います。

仕事中や運動中、緊張した場面で首から肩、背中にある『僧帽筋』と言われ

る筋肉に力が入って左右の肩が引き上げられてしまった状態です。

肩の力を抜いて」「リラックスして」と言われても・・・

どうやって肩の力を抜くの((+_+))リラックスした状態って(?_?)

わからないですよね〜あせあせ(飛び散る汗)

では

肩の力が抜けた状態、リラックスした状態を体感していただきましょうグッド(上向き矢印)

ゆっくり鼻から息を吸って、ゆっくり口から吐く』・・・数回繰り返すだけぴかぴか(新しい)

そう深呼吸なんですわーい(嬉しい顔)

深呼吸は神経の高ぶりを抑え気持ちを落ち着かせてくれる働きがあります。

みなさんも深呼吸をした事があると思いますが、改めて『ゆっくり鼻から息を

吸って、ゆっくり口から吐く』動作をしてみてください。

目一杯息を吸うとき、首や肩に力が入った状態になります。

ゆっくり口から吐くと首や肩の力が抜けていくのが分かると思います。

息を吐ききる直前が最も体の力が抜けた状態になります。

この力が入った状態から力が抜けた時の感覚を体で覚えておいてく事が

大切でするんるん肩に力が入っていると感じたなら数回深呼吸を行い力の抜け

感覚を呼び戻しましょうわーい(嬉しい顔)

 

 

 

 

『骨盤B』

今日は『骨盤B歪みの影響』についてお話ししたいと思いますわーい(嬉しい顔)

歪みの起きやすい日常生活を繰り返し行うことで骨盤の歪みが現れると、

以前紹介した「骨盤の働きや「筋肉の働き」に影響が起こります。

あ 

それ以外にも

・背骨のバランスが崩れる。

・左右の足の長さ違ってくる。

・上半身の体重が左右の足に均等にかからず、左右の足のどちらか片側へ

重のかかる割合が大きくなる。

・下腹部が冷えやすくなる。

・内臓下垂がおこりやすくなる。

といった影響が起こる可能性があります。

 

 


 

『骨盤A』

今日は『骨盤A歪む原因』についてお話したいと思いますわーい(嬉しい顔)

以前『歪みチェックT〜骨盤』で骨盤の歪みを確認する方法をご紹介しま

たが、今日「どの動作で骨盤が歪みやすいのか?」その動作をご紹介

たいと思いますぴかぴか(新しい)


〇直接骨盤が歪む原因となる動作

・よく足を組む

・ゴルフや野球のスイングなど一方向に瞬間的に強い力を掛ける事が多い。

・横座りをやペチャンコ座りをよくする。

・ヒールの高い靴を良く履く。

・昔、捻挫や大きなケガをしたことがある。

・腰が沈み込むタイプのソファーに座ることが多い。

・前かがみの姿勢での作業が多い。

・横向きに寝転ぶことが多い。

・車に乗っている時間が長い。

・車のひじ掛けに肘をのせている。

・ソファーのひじ掛けに片方の肘だけをのせている。

・便秘をよくする。

〇間接的に骨盤の歪みとなる動作

・虫歯がある。

・モノを食べる時いつも同じ側で噛んでいる。

・バックやカバンをいつも同じ側で持っている。

・小さい子供を同じ側で抱いている。

・子供と寝ている時、いつも同じ側に子供がいる。

・いつも同じクツを履いている。

・高い所にある荷物を上げたり下ろしたりする事が多い。

・仕事上、体を右や左にひねることが多い。

上に挙げた動作をすることですぐに骨盤が歪むわけではないですが、長期

繰り返されることで歪みが起こり、やがて何らかの不調が体に現れます。

体の不調が有る無しに関わらず、「思い当たる動作」があり、改善できるよう

あれば改善するよう心がけてくださいわーい(嬉しい顔)

『骨盤@』

今日は『骨盤@』についてお話したいと思いますわーい(嬉しい顔)

最近、テレビや雑誌で骨盤に関する話題が取り上げられ、背骨の土台

であり、『体の中心』である骨盤が歪むと体にいろんな悪爆弾影響が起こる

言われています。

そこで、「骨盤にはどんな働きがあるのかexclamation&question」ご紹介したいと思いますぴかぴか(新しい)

・生殖器(子宮や卵巣)、膀胱、大腸、小腸を支えたり、守ったりします。
a
・妊娠から出産までお腹の中で成長する赤ちゃんを受け止めます。
a
・骨盤にある腸骨と坐骨と呼ばれる部分は血を造る働きがあります。
a
・上半身と下半身をつなげる役割をしています。
a
・上半身と下半身の動きに連動して、骨盤が前や後ろに傾いたり左右に動く

 ことで、立ったり座ったり歩いたりする動作がスムーズに行えます。
a
・上半身の体重を受け止めて、その重さを左右の足に分散します。
a
・歩いたり走ったりした時に脚から伝わってくる衝撃を吸収します。
a
・立っている時は骨盤の下の部分が狭くなり内臓が下がるのを防ぎます。
a

・座っている時に骨盤の下の部分が左右に拡がり、体を安定させます。

骨盤っていろんな働きをしているでしょう(^u^)

すんごっく重要なんですyo( ..)φメモメモ

 

 

 

 

 

 

『日常@』

今日は『日常@』 についてお話したいと思いますわーい(嬉しい顔)

皆さんは普段街を歩いている時、どこを見てますか?

気にした事がない人がほとんどだと思うんですが・・・下を向いて歩いてい

人が多いんです。

あ 

常に顔を上げて前を向く事を心掛けてみてくださいぴかぴか(新しい)

そうすると、下を向いて歩いている時よりも気分が違うんですわーい(嬉しい顔)言葉では言

い表せないんですが何かが違うんですグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)気の持ちようかもしれません

が、 『病も気から』って言いますからねわーい(嬉しい顔)

それに下を向いて歩くと、頭を支える首の筋肉や首の付けの筋肉が疲れて

肩こりや頭痛,自律神経が乱れる原因にもなります。

皆さんも普段から顔を上げて歩く意識を持ってみてください。

 

今、整体院の前を仕事帰りの人たちが5人通りました。

何人の人が下を向いて歩いていたかと言いますと・・・

全員下を向いて歩いていました(^_^;)