『O脚D』

今日は『O脚D〜その他の不調』についてお話したいと思いますわーい(嬉しい顔)

O脚の改善で来られた方のお話を聞いていると、O脚以外に他の箇所に

体の不調を持たれている方がほとんどです。

その中でも最も多いのが 「肩こり」、次いで「腰痛」、「生理痛」、「冷え」、「

くみ」「体の疲れ」の順となってます。

他にも

頭痛」、「足の痛み」、「便秘」などを訴える方もおられます。

体のバランスが崩れた結果として『O脚・I脚』という形で現れてきます。

『O脚・I脚』だけを改善するのではなく、体全体のバランス(歪み)を改

してみてはどうでしょうわーい(嬉しい顔)

『O脚C』

今日は『O脚C〜X脚との違い』をお話ししたいと思いますわーい(嬉しい顔)

O脚とX脚の違いってはっきり分からないですよね。実際、O脚と思い込ん

いたらX脚だったという方もおられます。

O脚と]脚の違いをまとめてみました 



O脚

・両膝の間隔が開いている

・膝のお皿が内側を向いている

・股関節(足の付け根の骨)が外側に張り出している

・お尻が突き出た状態になっている

・膝下の骨が外側に張り出している

I脚

・太ももはついている 

・膝はついて、膝から下が広がっている

・膝下が外側を向いている

・歩いていると膝の内側がぶつかる

・歩く時、体が左右にゆれる

     okyaku2.jpg 

よくネットや出版物でO脚やX脚を改善する運動やストレッチが紹介され

います。ご自身がO脚なのか?X脚なのか?しっかり見極めてから運動など

を行うことをおススメぴかぴか(新しい)しますわーい(嬉しい顔)

また、軽度のO脚やX脚であれば運動などでの改善も期待できますが、変

が見られない、運動中に痛みを覚えるようなことがあれば、専門家に委ね

方が良いでしょうわーい(嬉しい顔)  

『O脚B』

今日は『O脚B〜正常な足は』についてお話したいと思いますわーい(嬉しい顔)

O脚を改善したい方の理想とする足の形は?

「膝の向きを変えたい」、「足を揃えると太もも、膝、ふくらはぎのすべてが

くっつく足になりたい」、「左右の太ももがくっついて欲しい」・・・・

それぞれあると思いますが、正常な足の形は人の骨格上くっつく箇所少し

開く箇所が出て来ます

では『正常な足の形』をご紹介します。
a
前から見た場合(つま先からかかとを揃えて立った時)
正常2.jpg

・かかと              

・内くるぶし

・ふくらはぎ

・膝の内側に出っ張ったところ

・太ももの真ん中より上

以上の5か所がくっついています。

 

・股下

・太ももの真ん中あたり

・膝下

・内くるぶしの上

以上の4か所が少し開いています。

(体が細身の方は開いている箇所の間隔が大きく見える場合があります)

 

O脚の改善を希望される時「すべてがくっつく事」を望まれる方がお

られますが、すべてがくっつくということは歪みがある、もしくは骨の

変形を意味しますふらふら

歪みを正常に戻すとくっつくべき箇所開くべき箇所があることを

解してい ただければと思いますわーい(嬉しい顔)

『O脚A』

今日は『O脚A〜原因』についてお話したいと思いますわーい(嬉しい顔)

 

O脚の原因は

1.生活習慣・・・姿勢

2.関節の歪み・・・骨盤、股関節(足の付け根)、膝や足の関節の歪み

3.筋肉のアンバランス・・・内モモの筋肉、腹筋が弱くなっている。

  運動不足、椅子に座っての仕事、ヒールの高い靴をよく履いている

4.骨の変形・・・骨の形が変形している。

  年齢からのもの、骨折などのケガ、生まれ持っての奇形


が考えられます。

日常の生活習慣や昔にケガをしたなどの影響が関節の歪みや、筋肉のアン

バランスを生み、それが時間の経過とともに、O脚へと変化していきます。

『O脚@』

今日は『O脚@〜O脚とは』についてお話したいと思いますわーい(嬉しい顔)

O脚を良くしたいと来られる方は多くおられます。ご自身ではO脚だと思って

おられるのですが、実はX脚だったりと言う方もおられます。ではO脚とは足

がどのようになっている状態を指すのでしょうか? 

O脚とは・・・

    「足を揃えて立った時、膝の隙間に指が2本以上入る状態」 

を言います。

特に女性の場合、男性と比べて筋肉が弱く骨盤の横幅が広く関節が浅い

ためにO脚になりやすいふらふら構造になってます。

ご自身がO脚かどうか迷われた時はO脚チェックが出来る 『歪みチェックV』

を参考にしてくださいわーい(嬉しい顔)