『中間広筋』

今日は『中間広(ちゅうかんこう)筋』についてお話ししたいと思いますわーい(嬉しい顔)

下の絵は右足の中間広筋です。

中間広筋.jpg

中間広筋は足の前面の真ん中(大腿直筋の下)にあり、足の骨(大腿骨:だいたいこつ)の上の部分から膝のお皿(膝蓋骨:しつがいこつ)と膝下の骨(脛骨:けいこつ)に繋がる筋肉です。

では、中間広筋にはどんな働きがあるかご紹介しますかわいい

〇膝を動かす時に働きます

・膝を伸ばす時

〇具体的に日常生活で中間広筋が使われる主な動作を挙げてみたいと思います。

・歩く時

・走る時

・真っ直ぐ立っている時

中間広筋は膝を伸ばしている時や伸ばすために働く筋肉です。

 

『外側広筋』

今日は『外側広(がいそくこう)筋』についてお話ししたいと思いますわーい(嬉しい顔)

下の絵は右足の外側広筋です。

外側広筋.jpg

 

外側広筋は足の前面の外側にあって、足の骨(大腿骨:だいたいこつ)の上の部分(大転子:だいてんし)から膝のお皿(膝蓋骨:しつがいこつ)と膝下の骨(脛骨:けいこつ)に繋がる筋肉です。

では、外側広筋にはどんな働きがあるのかご紹介しますぴかぴか(新しい)

〇膝を動かす時に働きます

・膝を伸ばす時

 

〇具体的に日常生活で外側広筋が使われる主な動作を挙げてみたいと思います。

・歩く時

・走る時

・真っ直ぐ立っている時

外側広筋は膝を伸ばすために働く筋肉です。フツーの立っている時や床に置いてある重い荷物や大きい荷物を持ち上げる時に膝を使いますが、この時も外側広筋が働いてくれます。

 

 

『大腿直筋』

今日は『大腿直(だいたいちょく)筋』についてお話ししたいと思いますわーい(嬉しい顔)

下の絵は右足の大腿直筋です。

大腿直筋.jpg

大腿直筋は足の前側にあって、骨盤の前の部分(下前腸骨棘:かぜんちょうこつきょく)から膝のお皿(膝蓋骨:しつがいこつ)の上の部分と、膝下の骨(脛骨:けいこつ)の真ん中の部分に繋がる筋肉です。

では大腿直筋にはどんな働きがあるのかご紹介しますぴかぴか(新しい)

〇足を動かす時に働きます

・足(太もも)を前に出す時

・足(太もも)を上に挙げる時

〇具体的に日常生活で大腿直筋が使われる主な動作を挙げてみたいと思います。

・走る時

・ジャンプをする時

・階段を下りる時

大腿直筋は走ったりジャンプをする時など、運動を行う時に強い力を発揮します。また、ジャンプからの着地や、階段を下りる時、坂道を下る時に体を受け止める働きがあります。

階段を下りる時や坂道を下る時に体を起こしますが、重心を後ろにすることでバランスを取りやすくするのと、体を起こすことで大腿直筋が身体を受け止めやすくするためなんでするんるん

『ハムストリング筋』

今日は『ハムストリング筋』についてお話ししたいと思いますわーい(嬉しい顔)

下の絵は右足のハムストリング筋です。

ハムストリング筋.jpg

ハムストリング筋は先にお話しした「大腿二頭筋」、「半腱様筋」、「半膜様筋」の3つの筋肉を総称した呼び名です。

では、ハムストリング筋の全体としての主な働きをご紹介しますぴかぴか(新しい)

〇足を動かす時に働きます

・足(太もも)を後ろに伸ばす時

・膝を曲げる時

ハムストリング筋は「歩く」、「走る」、「ジャンプ」といった動作の時に3つの筋肉(大腿二頭筋,半腱様筋,半膜様筋)が一緒に働いて大きな力を生みだします。

日頃の運動不足による筋肉の低下は『骨盤の歪み』の原因となり、長時間の正座や座り続けての仕事、車での移動はハムストリング筋が硬くなる原因にもなります。

『半膜様筋』

今日は『半膜様(はんまくよう)筋』についてお話ししたいと思いますわーい(嬉しい顔)

下の絵は右足の半膜様筋です。

半膜様筋.jpg

半膜様筋は足の後ろ側にあって、骨盤の下の部分(坐骨:ざこつ)から膝下の骨(脛骨:けいこつ)の内側に繋がる部分です。

では、半膜様筋にはどんな働きがあるのかご紹介しますぴかぴか(新しい)

〇足を動かす時に働きます

・足(太もも)を後ろに伸ばす時

・膝を曲げる時

・膝を曲げた状態で膝下の骨を内側に回す時

〇具体的に日常生活で半膜様筋が使われる主な動作を挙げてみたいと思います。

・歩く時

・走る時

・膝を伸ばした状態で前かがみになる時

 

半膜様筋は半腱様筋と同じ働きをします。