『長腓骨筋』

今日は『長腓骨(ちょうひこつ)筋』についてお話ししたいと思いますわーい(嬉しい顔)

下の絵は右足の長腓骨筋です。

長腓骨筋.jpg

長腓骨筋はふくらはぎの外側にあって、膝下の外側の骨(腓骨:ひこつ)から外くるぶしを通り、足ウラの外側から内側に繋がる筋肉です。

では、長腓骨筋にはどんな働きがあるのかご紹介しますぴかぴか(新しい)

〇足首を動かす時に働きます。

・足ウラを外側に向ける時に働きます。

・足首を曲げる時に働きます(踵が浮いてつま先立ちの状態)

〇具体的に日常生活で長腓骨筋が使われる主な動きを挙げてみたいと思います。

・走る時

・ジャンプをした時

・ヒールを履いている時

長腓骨筋は走ったりジャンプをした時に足がまっすぐ前に向くように働きます。また、足の土踏まずを形成する役割を持っています。

『前脛骨筋』

今日は『前脛骨(ぜんけいこつ)筋』についてお話ししたいと思いますわーい(嬉しい顔)

下の絵は右足の前脛骨筋です。

・ 前脛骨筋.jpg

前脛骨筋は「弁慶の泣き所」の外側にあり、膝下の骨(脛骨:けいこつ)の外側から足の甲の内側に繋がる筋肉です。

では、前脛骨筋にはどんな働きがあるのかご紹介しますぴかぴか(新しい)

 

〇足首を動かす時に働きます

・足首を伸ばす時に働きます(踵を地面につけた状態でつま先を浮かす)

・足ウラを内側に向ける時に働きます。

・ 

〇具体的に日常生活で前脛骨筋が使われる主な動作を挙げてみたいと思います。

・歩く時

・階段を昇る時

・足の爪を切る時

前脛骨筋は足を持ち上げるために働きます。ガニ股で歩く人、ヒールを履く人、早歩きの人、安全靴を履く人は疲労が溜まりやすい傾向にあります。ただし、首や肩の筋肉のように、コリや疲労感が現れにくいため、筋肉が凝ってても気づいていない人がほとんどです。

踵を床につけたままつま先を挙げてみてください。

「弁慶の泣き所」の外側に違和感を感じるようであれば筋肉が硬くなっていますexclamation×2

 

 

下腿三頭筋

今日は『下腿三頭(かたいさんとう)筋』についてお話ししたいと思います

下の絵は右足の下腿三頭筋です。

下腿三頭筋.jpg

下腿三頭筋は『腓腹筋』『ヒラメ筋』の2つの筋肉を総称した呼び名です。

足の骨(大腿骨:だいたいこつ)や膝下の骨(脛骨:けいこつ)に付いている2つの筋肉が一つになって腱(アキレス腱)をつくり、踵(踵骨:しょうこつ)に繋がります。

『腓腹筋』と『ヒラメ筋』は共に足首を曲げる(踵が浮いたつま先立ちの状態)時に働きますが

腓腹筋は膝が伸びた状態で足首を曲げる時

ヒラメ筋は膝を曲げた状態で足首を曲げる時

に働きます。

『ヒラメ筋』

今日は『ヒラメ筋』についてお話ししたいと思いますわーい(嬉しい顔)

下の絵は右足のヒラメ筋です。

ヒラメ筋.jpg

ヒラメ筋はふくらはぎにある筋肉で腓腹筋の下にあって、膝下の骨(脛骨:けいこつ、腓骨:ひこつ)の後ろ側から踵に繋がる筋肉です。

では、ヒラメ筋にはどんな働きがあるのかご紹介しますぴかぴか(新しい)

〇足首を動かす時に働きます

・足首を曲げる時に働きます(踵が浮いてつま先立ちの状態)

〇具体的に日常生活でヒラメ筋が使われる主な動きを挙げてみたいと思います。

・階段を昇る時

・車の運転中アクセルを踏む時

・自転車に乗ってペダルを踏む時

・歩く時

・ヒールを履いている時

・・

ヒールを履いてデスクワークをしている方、イスが高いために踵が浮いた状態で仕事をしている方はヒラメ筋が疲れやすい傾向にあります。仕事中は靴を履き替える、イスの高さを調整するなどしてみてはいかがでしょう

 

 

 

『腓腹筋』

今日は『腓腹(ひふく)筋』についてお話ししたいと思います わーい(嬉しい顔)

下の絵は右足の腓腹筋です。

腓腹筋.jpg

腓腹筋はふくらはぎにある筋肉で足の骨(大腿骨:だいたいこつ)の後ろ側、下の部分から踵(かかと)に繋がる筋肉です。

では、腓腹筋にはどんな働きがあるのかご紹介します ぴかぴか(新しい)

 

〇膝を動かす時に働きます

・膝を曲げる時

 

〇足首を動かす時に働きます

・足首を曲げる時に働きます(踵が浮いてつま先立ちの状態)

〇具体的に日常生活で腓腹筋が使われる主な動作を挙げてみたいと思います。

・歩く時

・座る時

・階段を昇る時

・車のブレーキを踏む時

・ 

腓腹筋は膝や足首を動かす時に働いています。特にヒールを履いていると腓腹筋が縮んだ状態になるため疲れが溜まりやすくなります。結果、むくみや冷えの原因の一つになります。

運動中にふくらはぎが「つる」、寝ている時に「こむら返り・こぶら返り」が起こるのは、腓腹筋の部分になります。